小土井和也の釣り歩き

「兵庫支部の元井さんが釣行に行かれて、原稿を頂いたので、掲載お願いします!!」・・・と言うことで今回は兵庫支部の元井 淳一さんの「とっても楽しい?」釣行記です。

本日は、年に一度のフィッシングショー。に、行く予定でしたが、会社の同僚と、近場の波止にチヌ釣りに。と、いうのも、最近釣りを始めた同僚君を大阪フィッシングショーに誘ったらそんなんより釣りに行こうと言う答え。僕にとっては、待ちに待ったという感じだったのに。しかも「そんなん」あつかい!
まぁ、しかし、少し釣りに目覚め始めたのかと思い、フィッシングショーは諦めて、近場でチヌ釣りということに。
場所は、加古川の別府港。前日に餌を練って、朝九時に現地到着。寒波の影響か釣り人は少なかった。家を出る頃は、風も少なかったが、現地に着いてみると、少し嫌な西風が北から周りこんでくる。準備を済ませて開始するも、道糸が風に持っていかれてしまう。
2Bの水中ウキにしても、潮の動きが弱く道糸が風に負けてしまう。コマセを入れて、仕掛けを入れて、ラインを修正して、仕掛けが馴染みジワジワと潮にかんでいく。しかし、潮の流れが弱い時の風というのは本当に面倒臭い。そんななかでも、アタリがあるなど、何か生態反応があれば、面倒臭さから解放されるが、無ければ、ただひたすらに面倒臭い。潮にかめばいいが、そのままフラフラと風に流されていくこともしばしば。無駄な抵抗をやってみるか、それともこのまま風に流されてしまうのか。
サシエは、帰ってくるばかり。コマセとやる気だけが、なくなっていく。そんな状況のなかで起死回生の一発にあたることもなく、近くの工場から、お昼を知らせるサイレンが。
僕は潔く全てを片付け、同僚君の気持ちが折れるのを待った。徐々に強くなって行く風のお陰で、同僚君の気持ちが折れるまでは、さほどかからなかった。
二人して撃沈。
確かに釣れれば楽しいし、釣らなければ楽しくないのだが、釣れないときの楽しみもあるもので。
そうです。美味いものを食べて帰る。です。帰り道にあるのですが、播磨町のポプラというお店。ガッツリ系です。チキンカツ四枚に野菜たっぷりとパスタ。ご飯はお皿にてんこ盛り!
僕は、なんとか完食。同僚君は、半分以上は食べましたが、完食できずにお持ち帰り。お持ち帰りだけでも、弁当一人前。
と、いうわけで、楽しい釣行でした。次は、しっかり釣りを楽しみます。

元井 淳一
2012/02/04
   BACK